いま、コレを考えています

日々の生活を本や映画と絡めて

『遺伝子は、変えられる。』を読んで

運動神経や学力、芸術分野の才能など、私たちはたびたびそういった事柄について「遺伝だからしかたない」「やっぱり遺伝のおかげかもね」といったことを口にします。 遺伝というと、親から受け継いだらもう変えられないもののよう。 でも、『遺伝子は、変え…

これからのキャリアデザインではロールモデルを探さない

自分の理想的な働き方や生き方をしている人がいれば、こういう風になりたいとイメージがつきやすものです。でも、特に女性においては、既婚か未婚か、子供がいるかいないかなどで、周りの環境が異なります。そのため、「ロールモデルがいない……」というのが…

不倫のこじれる部分をこれでもかと描いた「マッチポイント」

不倫をしていて、お互いの気持ちが盛り上がっているときは楽しさがあっても、次第に気持ちが落ち着けば、「いつ離婚してくれるの?」「私への愛は嘘なの?」と、泥沼に陥っていきます。私自身も既婚者と恋愛関係になったことがあったとき、最初は遊びのつも…

「深海 2017」で混んでるのは前半の深海生物のエリア

金曜の夜間開館を利用して、ようやく上野の国立科学博物館で行われている「深海 2017」へ行ってきました。 深海2017-DEEP OCEAN- 上野駅構内でチケットを買い、その時の表示は入場まで0分待ち。実際現地もチケットの購入にはならんでいませんでした。でも…

恋愛相談で女性の共感は解決策を生まない

女性同士で恋愛相談をするとき、基本となるのが相手の気持ちに共感すること。「そうだね、わかる」とか「それはひどいよね」とか。私自身も相談するとき相手にそう言われるとほっとするし、相手に対してするんですけど、何かが解決することはほとんどない。…

早くに結婚しても、その後の成長の方向が違えば別々の道を進むしかない

23歳で結婚したとき、それはそのときも思っていたし、今振り返っても思いますが、「勢い」の一言につきます。同じ方向に何かを見出していたというわけでもなく、次一緒に住むならそのタイミングで結婚をしようと。 その後、私は仕事が変わり、見る世界や周囲…

会社にどっぷり依存するよりも緩やかにつながる

先日読んでいた『仕事人生のリセットボタン ──転機のレッスン (ちくま新書)』のなかに、自分がいま所属する場所を「永住する場所」ではなく、「経験を積む場所」として捉えるという話がありました。 hrn.hatenablog.jp 私はこの考えに共感を覚え、会社に依存…

『仕事人生のリセットボタン』を読んで、人生の転換ポイントを考える

今の仕事は楽しいしやりたいことでもあり、大きな不満はない。それでも、同じように続く日々に「このままでいいのだろうか」と、もがきたくなる時期がたびたび訪れます。これまでは“なにかしたい”くらいのぼんやりとしたもので、具体的な行動に起こすことは…

男性の既読スルー&未読スルーは不安になるけど気長に待つが良し

彼氏さんとやりとりしていて、今週の月曜に急に未読スルーになりました。 未読スルーになるとしたら、原因は以下の3つと考えました。 送った内容が面倒で煙たがれた 仕事が忙しくてLINEどころじゃない 事故や何かトラブルがあった いずれにしても、こっちか…

北のミサイル発射で昔見た「世にも奇妙な物語」の話を思い出す

北朝鮮のミサイル発射のニュースを見て、真っ先に思い出したのが昔見た「世にも奇妙な物語」の話。最初や中盤がどんなストーリー展開だったかは忘れてしまったけど、いまなお印象に残っているのは、最後に東京の上空を核ミサイルが飛び、壊滅するというもの…

逃げてもいいけど、生きることは諦めちゃいけない

ときおり、前向きに考えることとか、目の前の仕事とか、友人関係とか。何もかもを投げ出したくなるときがあります。 とにかく自分の殻に閉じこもりたくなるとき。そういうとき、「このままでいても良くないし……」や「なるべく人と関わって世界を広げていかな…

みたらし団子味の豆乳を飲んでみた

先日、このリリースを見て気になっていたキッコーマンの豆乳飲料「みたらし団子」。 キッコーマンしょうゆを使った豆乳飲料が登場! 「豆乳飲料 みたらし団子」200ml新発売! | キッコーマン 先月発売だったものの、近くのスーパーではまったく見かけず……。…

連日の雨でアウトドアテーブルがカビたので除去した

8月に入ってからというもののず〜っと雨。そのせいか、ベランダに出していたIKEAのアウトドアテーブルがカビてしまいました。 www.ikea.com 黒いカビがぽつぽつと木目に……(その写真は撮るのを忘れてしまいました)。このままじゃこのテーブルとイスが使えな…

「私はステージで歌いながら死にたい」エディット・ピアフの生き方

ここ数年、新しい働き方としてパラレルキャリアや複業の話題をよく目にします。私もその考えたかには興味を覚えることが多く、できれば会社だけに頼らず収入源を得たいと考えることも多々。でもそれと同時に、私は今の仕事できちんと成果を出せているのか、…

働くことは生きること 過去の女性の生き方に刺激を受ける

先日、パートナーと話していたとき、ものすごく衝撃を受けました。それは、彼は18歳の頃にさまざまな人の伝記を読み、自分はどんな生き方をしたいかを考え、何歳でこういうことをするという目標を立て、それを着実にクリアしているというから。 はっきり言っ…

相手に不都合なことは先に伝えた方が受け入れられやすい

どうしてもこれだけはこうしてほしい……。付き合っていると、ときおり相手に伝えたいけど伝えていいものか迷うことってありませんか? そんなことをポツリと仲良しの店主に話したら、「不都合なことは先に伝えた方がいいんだよ」というアドバイスが。 たとえ…

『重力波とは何か』を読んで宇宙の始まりと終わりに思いを馳せる

私はセーラームーン世代なのもあり、惑星の名前は全て登場人物たちの名前ですんなり覚えた子ども時代。それをきっかけに漠然と宇宙ってなんかかっこいいなぁと思い始めました。中学生のときには理科の資料集の惑星のイメージ図が美しかったのもあり、中1のと…

旅行で「見逃せない」トコロだけを見るのはもったいない

新しく行く旅行先や観光地では、どうしても見るものになるのはガイドブックなどに載っている外せない箇所ばかり。私は旅行が好きですが、結構それだけ見て満足してしまっている部分もあります。最近はinstagramで地名を入れて検索して、それでヒットした写真…

『生殖医療の衝撃』を読んで、性別の複雑さを知ったハナシ

今現在、自然な妊娠によって子どもができづらい場合、どんな選択肢があるのかと思い、手にとった『生殖医療の衝撃』。 生殖医療の衝撃 (講談社現代新書) 作者: 石原理 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/08/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (3件…

手土産やプレゼントの外さない選び方

友人の誕生日やちょっとしたお礼をしたいとき、あるいはホームパーティーに呼ばれたときなど、何かプレゼントや手土産を用意しようとするとき、「何をあげたらいいのか」「何を持って行ったらいいのか」は結構悩みがち。 相手の好きなものが明確にわかってい…

犬山紙子さんの『私、子ども欲しいかもしれない。』を読んで

私は7年間結婚生活を続けていましたが、子どもを持つ選択をしませんでした。理由はいろいろあるけれども、一番大きいのは自分の親との関係がよくなく、あの人たちの遺伝子をつないでいくことに、恐怖を覚えるから。 でも、結婚当初は相手との間に子どもがい…

恋愛では、相手に自分以上のものを求めて選択肢が狭まりやすい

ペアーズで相手から「いいね」が来たとき、マッチングしてもいいかどうかを考える際には必ず相手のプロフィールを確認していました。 まず目に入るのが、写真。顔写真を登録していない人は「どういう人なのかわからない」という理由ですべて「スキップ」し、…

ペアーズを始めて3週間で彼氏ができたハナシ

物は試しと思い、ペアーズを6/30に始めました。それまでの過程は以下。 hrn.hatenablog.jp 写真を友人に撮ってもらい、プロフィール文は男友達2人に内容をチェックしてもらった本気っぷり。このときすごく感じたのは、私はいろんな人に愛されているなぁとい…

夫婦の会話が疲れるのはなぜ?

まだ結婚していたころ、だんだんと夫との会話が疲れると感じるようになりました。私はなんとなく共感がほしくて話していただけなのに、論理的なアドバイス(しかもちょっとずれている)によって、「そういうのが聞きたいんじゃないのに……」と、なんだかお互…

朝一の「『そこまでやるか』壮大なプロジェクト展」は空いていておすすめ!

21_21 DESIGN SIGHTで行われている「『そこまでやるか』壮大なプロジェクト展」へ行ってきました。instaでテープの中に入れる展示を見て、混んでいる時間よりも空いている時間の方が楽しめるだろうとの考えから、10時のオープンに合わせて行くという気合の入…

伊藤忠青山アートスクエアで開催中の「ミュシャ展」は入場料無料で撮影ができる

昨晩、instaで検索をして知った、伊藤忠青山アートスクエアで開催中の「FEEL THE Mucha HEART~民衆のための芸術(デザイン)とチェコへの愛~」。 伊藤忠商事が国立新美術館で行われていたミュシャ展に協賛していた縁で、その開催記念として行われています…

恋活アプリを使ってみようと思い始める

仕事が立て込んでいて、ふらりと飲みに行く気力すらないここ数カ月……。これじゃ出会いもないわと友人とLINEをしていたら、自然な出会いに期待せず、恋活アプリを使ってみるのはどうかという提案が。 なるほど! と思いリサーチしてみたところ、写真が必要。…

離婚を決めてからの方が夫婦関係が平穏になる

相手が「離婚したい」、私が「離婚したくない」という状態で仮面夫婦状態だった時に夫婦関係を表すと、常に緊張状態でした。そして、相手のやることなすことが気に食わず、些細なことですぐに喧嘩になる……。そうした状況が半年近く続いていました。 でも、そ…

写真表現の新たな可能性、資生堂ギャラリーの「吉田志穂展」

資生堂ギャラリーで今日が最終日の「吉田志穂展」に行ってきました。 画像検索などで表示された場所を出力し、それを持って現地に行って重ね合わせて撮影するという不思議な手法。そういう発想もあるのだなと単純に驚きました。 個人的に好きだったのは、砂…

「ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気」の最終日に滑り込み

すでに昨日会期が終わってしまったのですが、ギンザ・グラフィック・ギャラリー(以下、ggg)で行われていた「ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気」へ行ってきました。 初めて知るアーティストでなんの前知識もなく、たまたまgggの前を通ったのでふらっと…

ガスパールザンザン「プリンレアチーズ」が絶品だった

先日、仕事仲間の友人が仕事場に持ってきてくれた京都烏丸のフレンチレストラン「Gaspard zinzin(ガスパールザンザン)」のチーズケーキブランド「Frais Frais Bon !(フレフレボン)」の「プリンレアチーズ」(230円)。 プリンの入ったレアチーズケーキと…

“もう愛してない。ひとかけらも。”

昨年、映画の予告を観ながらずっと気になっていた西川美和の『永い言い訳 (文春文庫)』。そのときはちょうど自分が離婚問題の真っただ中にいたので、「今見たら絶対に気持ちが落ち込む……」と思って、小説を読んだり、映画を観たりすることは避けていました。…

好き同士が結婚し、好きでい続けることの難しさ

先日、友人に頼まれ、友人の友人のプレゼント用によく行くお店の商品を代わりに購入して渡しました。いつも行く店で労力はかからないので、「いいよ〜」と気軽に引き受けたのですが、後日そのプレゼント相手はその友人の夫の恋人だと言われ、びっくり……。え!…

岡田尊司『なぜいつも”似たような人”を好きになるのか』

タイトルと、カバー裏にある「母は選べなくても、父は選べなくても、パートナーは選べる!」の言葉に思わず手に取りました。 過去を振り返って見て、見た目などはもちろん違うものの、同じような雰囲気の人を好きになるな〜と思っていました。また、不安定に…

しいたけ占いのそっと寄り添う言葉が温かい

心が弱ってくると、拠り所を求めて頼りたくなる占い。でも、言われたり見たりするものが全部しっくりくることはなく、「これ明らかに違うだろう……」と感じるように、占いにすがりたいと思いつつも、自分の中ではそのとき求めている答えがあるんですよね。 い…

ゲシュタルトセラピーの2回目を受けてきた

いまいちよくわからないと思いつつも、何回かは受けようと決めたゲシュタルトセラピー。1回目の感想はこちら。 hrn.hatenablog.jp 今回は元夫から受けた昨年の暴力とどう向き合ったらいいのかをテーマにワークをお願いしました。 「空いすの技法」により、自…

大巻伸嗣「Echoes – Genius Loci」の最終日に滑り込み

YCC横浜創造都市センターで行われている大巻伸嗣の新作インスタレーション「Echoes – Genius Loci」をみてきました。 作品は、横浜の歴史に多大な影響を与えた「開国」「関東大震災」「第二次世界大戦」のうち、震災と戦争の傷跡のイメージを描いたもの。空…

鎌倉、箱根、横浜を中心としたゲストハウスのミニサイトを作ってみた

和田亜希子さんの『ほったらかしでも月10万円! ミニサイトをつくって儲ける法』を読んで興味を覚えたミニサイト。今年はゲストハウスを月一で巡ってみたいという気持ちもあり、鎌倉・箱根・横浜を中心としたゲストハウスのミニサイトを作ってみました。 gues…

イジりに対して覚えていた違和感の答え

誰かが誰かをイジるとき、見ていてどうしても不快な気持ちになることがあります。でも、お笑い番組のようにそういう気持ちにはならないイジりもあります。 この違いはなんなんだろうかと思っていたところ、キングコングの西野さんの記事がとてもしっくりきま…

「エリック・カール展」へ行ってきた

砧公園内にある世田谷美術館で行われている『エリック・カール展』へ行ってきました。 公園内にあるため、今の季節は新緑が美しい。 写真にはあまり写っていませんが、ピクニックをしている人たちがたくさんいてのどかな時間が流れていました。 エリックカー…

ゲシュタルトセラピーを受けてみた

田房永子さんの著書である『呪詛抜きダイエット』や『キレる私をやめたい~夫をグーで殴る妻をやめるまで~ (BAMBOO ESSAY SELECTION)』を読んで気になっていたゲシュタルトセラピー。 ゲシュタルトセラピーの説明をいろいろ読むと、書いてあるのは未解決の悩…

楽しいか楽しくないかを基準にしたら、無駄遣いが減った

気がつくと、どんどんなくなっていくお金。私は先取り貯金をして毎月一定額を貯金しているのですが、日々の生活費が足りない! と感じることが多々ありました。 でも、どうしてそんなになくなるかというと、コンビニとかでちょこちょこおやつを買ったりして…

集中力に欠けるのは、マルチタスクによる脳の疲労が原因?

寝ても寝てもなんだか疲れが取れないなぁと思っていて、それを友人に話したら勧められたのが『世界のエリートがやっている 最高の休息法』でした。カバーに書いてあった内容がコチラ。 脳の消費エネルギーの60〜80%は、デフォルト・モード・ネットワーク(D…

一人の楽しさもあるけど、二人だからこその楽しさもある

一人暮らしを始めて早4カ月。もともと一人で過ごす時間が好きなのもあり、一人暮らしも快適だなと感じています。 束縛はされたくない、連絡をマメにするのは疲れる、一緒に遊ぶ友人もいる、仕事が楽しい……。 「彼氏を求める意味って何?」と友人に先日言われ…

初めてのオペラプチ体験「フィガロの結婚」

友人から誘われ、イタリア文化会館で行われた「フィガロの結婚」のレクチャーコンサートにいってきました。 第1部はフィガロの結婚に関する説明。しかし、同時通訳つきとはいえ、イタリア語で話を聞いていて、もはや呪文……。人名くらいしかわかりません! 安…

人間関係も仕事も一つに集中よりも分散型の方がいいのかも

新しいコミュニティで仲良くなれる人たちができるのはすごく楽しいですが、距離が近くなりすぎてどっぷりハマるのは少し躊躇するなということを友人と話していました。 そうしたらば、ちょうど流れてきたのがはあちゅうさんのこの記事。 wol.nikkeibp.co.jp …

長い付き合いだからこそ相手の長所に目を向ける

先日、ダヴィンチで次の記事があり興味を惹かれました。 ddnavi.com 筆者が結婚する前、彼女さんをとにかく褒めたら、彼女さんの美意識が高まったという内容。読みながら、「わかる!」と膝を打ちました。やっぱり大切な人に「かわいい」って言われるとすご…

原美術館で開催中の蜷川実花個展「うつくしい日々」のレセプションに参加

原美術館で5月10日から開催されている蜷川実花の個展「うつくしい日々」のレセプションに参加してきました。 18時から行われ、18時半には蜷川実花さんの挨拶も。 その後は、自由に館内を鑑賞しました。今回の企画展では館内の撮影が許可されていて、蜷川実花…

ビール1杯の価値

今週はGW明けということで仕事が慌ただしく、気が常に張り詰めている状態。そして、休日出勤も決まったので長丁場です。 木曜ということで若干の息切れ感もあり、なじみのお店へ1杯飲みに行くことに。ビールの値段は600円。いまや安い居酒屋では100円代で飲…

渋谷ヒカリエでの大宮エリーさんの展示がかわいらしい

仕事で渋谷に行く用事があり、ヒカリエに寄り道。8階のアートスペースで「大宮エリー展」が行われていました。 2枚目の写真の「フォーチュンフラワーズ」は素人がみても「かわいいな〜」となって目の保養でした。後の作品はよくわからず苦笑。 それでも、無…