読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま、コレを考えています

日々の生活を本や映画と絡めて

ゲシュタルトセラピーを受けてみた

田房永子さんの著書である『呪詛抜きダイエット』や『キレる私をやめたい~夫をグーで殴る妻をやめるまで~ (BAMBOO ESSAY SELECTION)』を読んで気になっていたゲシュタルトセラピー。 ゲシュタルトセラピーの説明をいろいろ読むと、書いてあるのは未解決の悩…

楽しいか楽しくないかを基準にしたら、無駄遣いが減った

気がつくと、どんどんなくなっていくお金。私は先取り貯金をして毎月一定額を貯金しているのですが、日々の生活費が足りない! と感じることが多々ありました。 でも、どうしてそんなになくなるかというと、コンビニとかでちょこちょこおやつを買ったりして…

集中力に欠けるのは、マルチタスクによる脳の疲労が原因?

寝ても寝てもなんだか疲れが取れないなぁと思っていて、それを友人に話したら勧められたのが『世界のエリートがやっている 最高の休息法』でした。カバーに書いてあった内容がコチラ。 脳の消費エネルギーの60〜80%は、デフォルト・モード・ネットワーク(D…

一人の楽しさもあるけど、二人だからこその楽しさもある

一人暮らしを始めて早4カ月。もともと一人で過ごす時間が好きなのもあり、一人暮らしも快適だなと感じています。 束縛はされたくない、連絡をマメにするのは疲れる、一緒に遊ぶ友人もいる、仕事が楽しい……。 「彼氏を求める意味って何?」と友人に先日言われ…

初めてのオペラプチ体験「フィガロの結婚」

友人から誘われ、イタリア文化会館で行われた「フィガロの結婚」のレクチャーコンサートにいってきました。 第1部はフィガロの結婚に関する説明。しかし、同時通訳つきとはいえ、イタリア語で話を聞いていて、もはや呪文……。人名くらいしかわかりません! 安…

人間関係も仕事も一つに集中よりも分散型の方がいいのかも

新しいコミュニティで仲良くなれる人たちができるのはすごく楽しいですが、距離が近くなりすぎてどっぷりハマるのは少し躊躇するなということを友人と話していました。 そうしたらば、ちょうど流れてきたのがはあちゅうさんのこの記事。 wol.nikkeibp.co.jp …

長い付き合いだからこそ相手の長所に目を向ける

先日、ダヴィンチで次の記事があり興味を惹かれました。 ddnavi.com 筆者が結婚する前、彼女さんをとにかく褒めたら、彼女さんの美意識が高まったという内容。読みながら、「わかる!」と膝を打ちました。やっぱり大切な人に「かわいい」って言われるとすご…

原美術館で開催中の蜷川実花個展「うつくしい日々」のレセプションに参加

原美術館で5月10日から開催されている蜷川実花の個展「うつくしい日々」のレセプションに参加してきました。 18時から行われ、18時半には蜷川実花さんの挨拶も。 その後は、自由に館内を鑑賞しました。今回の企画展では館内の撮影が許可されていて、蜷川実花…

ビール1杯の価値

今週はGW明けということで仕事が慌ただしく、気が常に張り詰めている状態。そして、休日出勤も決まったので長丁場です。 木曜ということで若干の息切れ感もあり、なじみのお店へ1杯飲みに行くことに。ビールの値段は600円。いまや安い居酒屋では100円代で飲…

渋谷ヒカリエでの大宮エリーさんの展示がかわいらしい

仕事で渋谷に行く用事があり、ヒカリエに寄り道。8階のアートスペースで「大宮エリー展」が行われていました。 2枚目の写真の「フォーチュンフラワーズ」は素人がみても「かわいいな〜」となって目の保養でした。後の作品はよくわからず苦笑。 それでも、無…

「生産する趣味」と「消費する趣味」を考える

昨年の記事ですが、logmiの記事ですごく自分のなかで衝撃を受けた記事がありました。 logmi.jp ブロガーで作家のはあちゅうさんと、プロ無職のヨッピーさん、同志社大学3年生でブロガーのみやけようさんが「自分の強みをつくる」をテーマにしたトークイベン…

生理周期の影響でダメ男を引く確率高すぎじゃ

本屋で物色していたら、たまたま目にとまり興味を引かれたのがこの一冊。 サイコパス (文春新書) 作者: 中野信子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/11/18 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る 脳科学者の中野信子さんの著書は何度…

寂しさを感じたときこそ、人に頼らない

なんとなく寂しさを感じて人恋しくなるときがあります。波のように寂しさの感情が襲ってきて、どうしようもなくなってしまう。 そういうとき、以前は友人や知人に連絡して飲みに行ったり、お茶をしたりしていたのですが、会っているときは寂しさをやり過ごせ…

恋愛相談は、異性の友人にするのがいいと思う

男性からすれば女心がわからないといわれるように、女性からしても男心はわからないもの。 相手の気持ちは相手にしかわからないけど、こういう場面でどう思うもの?という考え方は、男性のことは男性のほうが理解がある。 私はこう思っていたけど、男性から…

自分の感情を認識するのは意外と難しい

昨日、久しぶりに会う知人とお茶をしながら、昨年の夫婦仲が悪くなったところから離婚にいたるまでの話をしました。 その際に言われたのが、「『あの人むかつく』などの主観がなく客観的に事実を述べていて、自分の感情が置いてけぼりになっているのを感じる…

チームラボ「人と木々とクリスタル花火」

みなとみらいのグランモール公園で行われている第33回全国都市緑化よこはまフェア「人と木々とクリスタル花火」。 無数の光の点で構成された立体花火がとても美しかったです。 街をアートにして、さらに身近な存在になるようなものを創り上げる発想に憧れま…

「ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター展」に行ってきた

渋谷の東急bunkamura museumで行われている「ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター展」へ行ってきました。 ソールライターは、ニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして成功をおさめながら、「自分の写真」を撮るために商業写真か…

「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展」に行ってきた

私はもともとミッフィーがそんなに好きというわけではなかったのですが、彼のデザインがさまざまなクリエイターに影響を与えていることを知り、改めてデザイナーとしての活動を見てみたくなりました。 ディック・ブルーナはミッフィーに代表される絵本作家と…

結婚しないのは無責任?

先日、友人と話していて、友人は結婚を考えていない、相手は結婚したいという意見の不一致により別れたのだとか。もともと付き合う前からその考えを話していたのに……と。そして、その友人は「結婚したくない」ということを周囲に話すと、「無責任じゃない?…

離婚してからのほうがよく笑うようになった

夫婦関係が悪化したとに、どうしたら立て直せるのかと夫婦カウンセラーに相談していました。そのとき言われたのが、楽しいやうれしいといったプラスの感情を表現したほうがいいとのこと。 ただ、わたしは昔からそういうのが苦手で、特に夫との関係が悪化して…

しっくりくるものは縁があったから

ようやく読むことができた『海街diary』の8巻。 海街diary 8 恋と巡礼 (フラワーコミックス) 作者: 吉田秋生 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2017/04/10 メディア: コミック この商品を含むブログ (7件) を見る 今回はチカちゃんの妊娠が発覚し、さらには…

インスタのDMで削除したはずのメッセージが復活している

最近はあまり使っていなかったのですが、一時期連絡のやり取りをするのに使っていたインスタのDM。 複数枚写真をアップする人が増え、ホーム?画面で指をスライドしてみることが増え、何度かDMの画面に間違えて進んでしまうことも。 そしたら、かつて送ったD…

夢で知人に喝を入れられる

気持ちが浮ついて仕事が手につかず、どうしようもない状態。 このままじゃダメだという気持ちが強く働いたせいか、今朝夢で見たのは信頼してる人との仕事で大きなミスをして怒られる夢。 はっと目覚めて、気持ちを切り替えないと! と思ったら、今日は元どお…

占いが当たるんじゃなくて、それに沿って行動してしまう

先日話してた人の言葉で、印象的だったのが、「占いが当たるんじゃなくて、あなたの運勢はこうですと言われたら、それに沿って行動するから当たってるように感じる」と。 一理ある。刷り込みの影響というか、「こうでしょう」といわれたら、何か当てはまるも…

久しぶりに恋をして、どうしたらいいのかわからなくなる

恋はするものじゃなく、おちるものだ 江國香織の『東京タワー』の中でそんな言葉があったけど、まさか今自分がそんな風になるとは思わずにただただ驚くばかり。 それまで普通の友達と思っていたのに、ちょっとしたことがきっかけで意識しだし、「あぁ、私好…

相性のいい人とはトントン拍子

不思議なもので、「あ、この人とは仲良くなれそう」と直感でピンときた人とは、いろんなタイミングで一緒になることが多く、距離がすぐに縮まることが多いです。 たまたま一緒に帰ることになったり、次の場所へ向かうのに同じタイミングになったり。 自分の…

季節の移り変わりを感じる

今日は公園で知人らでヨガをして、その後飲み会へ。 公園の新緑がすごくきれいで、なんだかもう初夏の気配。

今年の桜は見頃が長かった気がする

今年の桜の開花日は3/21でしたが、近所の桜が満開になって見頃を迎えたのは4/8頃。その後、雨が降ったものの、昨日までお花見を楽しめるぐらい、結構長く今年は桜を楽しめた気がします。 そう思っていたのは自分だけかなと思っていたものの、周囲でも「今年…

プチ七号食の回復食3日目

今日も理想の回復食からはかなりの手抜きです。 朝と昼は玄米おにぎり2個とほうれん草ときのこのお味噌汁、夜はビール1瓶ときのこスープ。 久しぶりにお酒を飲んだせいか、数口飲んだだけでも酔いがまわる感じでした。これは飲むなら少しずつ慣らさないと厳…

プチ七号食の回復食2日目

本来なら玄米ごはん、具だくさんのお味噌汁、野菜のおかず1品にしないとですが、昨晩仕事で遅くなってスーパーへ行けなかったので家にあったほうれん草をお味噌汁に投入。 野菜を久しぶりに食べたけど、おいしいー! 今日は空腹で目覚め、寝起きはまずまず。…

あたしは冴島翠みたいになりたい

高校生くらいの頃に初めて読んで、今も時おり読み返す『天使なんかじゃない』。 天使なんかじゃない 1 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL) 作者: 矢沢あい 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/01/10 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 翠…

プチ七号食の回復食1日目

3日間の七号食を終え、今日からは回復食へ。 朝から出汁パックを煮出して出汁を取り、具なしの味噌汁を作り?ました。 お味噌汁を一口飲むと、お出汁の香りと味が身体の中に染み渡るよう。お味噌汁ってこんなにおいしかったっけ? と驚きました。 朝は玄米煎…

“DT(童貞)系”男子がモテる?

今週のananの特集がモテる男の条件。表紙は嵐の相葉くん。 anan (アンアン) 2017年 4月19日号 No.2049 [今、モテる男の条件。] [雑誌] 出版社/メーカー: マガジンハウス 発売日: 2017/04/12 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 相葉くんへのモテ…

好きになるのは簡単、でも一人の人を思い続けるのは難しい

誰かを好きになるのは勢いが大きくて、ぱっと「あの人いいな」と簡単に思える。でも、恋愛感情は3年でなくなってしまうといわれる状態で、一人の人を思い続けるのはなんて難しいんだろう。 気がつくと、「こうしてくれるのが当たり前」と、最初は感謝の気持…

自分が男性なら自分と結婚したい?

離婚して夫婦関係に関する本をいまさらながら読むようになり、今日読んだのは池内ひろ美さんの本。 読むだけで「いい夫婦」になる本 (講談社文庫) 作者: 池内ひろ美 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2009/01/15 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 3回 こ…

プチ七号食3日目

今日も寝起きは優れず、7時15分までうだうだ。布団から出れない……。 むくみはないけど、なんかどんよりな感じ。 朝食に玄米を潰しておせんべい風にしたところ、香ばしくておいしい。昼は玄米おにぎり2個、夜も玄米おにぎり2個。 3日間、七号食をしてみて思っ…

最初は好きだったはずなのに、なんで敵みたいになっちゃったのか

タイトルは、久しぶりに逃げ恥を読み返していて、どきりとした一言。 逃げるは恥だが役に立つ(4) (Kissコミックス) 作者: 海野つなみ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/10/17 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (2件) を見る みくりちゃ…

プチ七号食2日目

朝、6時のアラームで目を覚ますも、目にむくみがすごくて瞼があかない……。まるで、生理前や飲みすぎた次の日のような気だるさ。結局うだうだして、起き上がったのは7時。 土曜に深夜まで飲み、そのダメージを引きずったまま日曜は午後から出かけたことで、疲…

3時間のショップ巡りが、専門店へ行ったらわずか15分で

友人の買い物に付き合い、午後からジャケットを求めて東京駅や有楽町駅へ。 友人が欲しいと思っているのは、襟があって袖をまくらずに着れることができ、かっちりしすぎずカジュアルさも感じさせるもの。 定番のカタチだからどこにでもあるかと思いきや、意…

プチ七号食を実践

今週も夜に飲んだりする予定が多く、体がお疲れモード。 先日、七号食を知り10日間を確保するならGWかなと思っていだけど、本の後半に「プチ七号食」に関する記述が。 寝かせ玄米で七号食ダイエット 生活シリーズ 作者: 荻野芳隆 出版社/メーカー: 主婦と生…

恋と愛は別というけれども

不倫してる人から度々口にする「恋と愛は別」という話。 「妻を愛しているけど、恋もしたい」「妻は家族で家庭を守るために一緒にいるけど、ほかで癒しがほしい」とかとか。妻と夫が逆のパターンもあります。 私自身、不倫を真っ向から否定するわけでもなく…

自然な出会いはアリだけど、婚活はナシの反応

人との出会い方にはいろんなパターンがあるけど、よく聞くのは「自然な形で出会いたいから、婚活はしたくない」という話。 自然に自分が求めるような人と出会う可能性ってどれくらいなんだろう……。そう考えると、結婚したい目的があるなら、婚活である程度ふ…

ダ・ヴィンチ2017年5月号は星野源特集

本屋でダ・ヴィンチを見つけ、今月はなんと「星野源 総力特集」! ダ・ヴィンチ 2017年5月号 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/04/06 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 音楽家、俳優、文筆家としての星野源が生まれた彼の解体新書や、3/29…

関係を壊しくないから踏み出せない、でも愛してる

お互い相手を想っているのに、今のこの心地よい関係が男女の関係になることで崩れてしまうのは嫌。 すごく仲が良かったのに、男女の関係になったことでこじらせてしまった相手を思い出しました。 愛とセックス (字幕版) メディア: Amazonビデオ この商品を含…

GWに七合食に挑戦する宣言

最近、飲みに行く機会が増えてせいか、どうも身体が重い……。余分なものがたっぷり溜め込まれている感覚があります。 instaを眺めていたら、フォロー中の人が「七合食ダイエット」というものに取り組んでいることを知りました。 寝かせ玄米で七号食ダイエット…

ある男性が断言した女性に対する元カレの影響

ある男性いわく、女性が付き合っている男の影響を受けてわかりやすく表れるのは3つ。メイク、服、音楽なのだとか。 特に音楽は、女性が女性ボーカルを好きなのはいいとして、男性ボーカルが好きな場合は男の影響が大きいとのこと。 みんながみんなそうかはわ…

広すぎるトイレは落ち着かない

以前、扉から便器までの距離が3歩近くある、通常よりは広めのトイレに入りました。 便器に腰掛けたものの、なんだかそわそわして落ち着かない。 鍵はきちんと閉めたけれども、果たしてちゃんと閉めただろうかと妙な不安感を覚える……。 人との人との適度な距…

かみ合わない人とはいろいろ合わない

LINEでやり取りをしながら、なんだかが「あれ?」と違和感を覚えてしまい、かみあわないなぁと感じる人がいます。 すっごくズレているわけではないので、私の伝え方が良くないのかなと思い、ちょっとしたモヤモヤを感じてしまうことも。そして、予定を合わせ…

雑誌『pen』の結婚特集、理想の夫婦のカタチとは

penが結婚特集を組んでいたので、思わずぱらぱらと。 Pen (ペン)「特集 いまこそ、結婚の話をしよう。」〈2017年4/15号〉 [雑誌] 出版社/メーカー: CCCメディアハウス 発売日: 2017/04/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 結婚をテーマにした…

たっぷり保湿で肌を褒められる機会が増えた

最近、肌を褒められる機会がグンと増えました。実年齢を言うと、年下の方からも「自分より下だと思ってた」と言われることも。 純粋にうれしいなと感じるのですが、スキンケアを丁寧にするようになったこたが結果として表れているのかもしれめせん。 今意識…