読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま、コレを考えています

日々の生活を本や映画と絡めて

また恋できるのがうらやましい

久しぶりに知人と会い、ちょっとした近況報告。離婚したことを伝えたら、ものすごく驚かれました。でも、私がどんよりしていないことに相手も安心してくれたみたい。 離婚したことを伝えるとき、毎回緊張するのが言われた相手が気にしすぎないかということ。…

前髪カット無料にファンはつくのか

散歩をしていて美容院の前を通りかかったら、メニューの看板に「前髪カット無料」の文字が。 え⁉︎ と思い、思わず二度見。私が知る限りでは、都内だと500円から1000円が一般的な価格。それが無料って、何かと合わせてじゃないとダメなのかな? と疑問が頭に…

焼肉を食べると眠れなくなる

私は嫌いなものがほとんどなく、大体のものは食べられるのですが、悲しいことに量を食べられません。でも、外食時はせっかくおいしいものが目の前にあるしと、ついついお腹いっぱい食べ過ぎてしまいます……。 消化能力が弱いのか、たとえば焼肉を食べると体内…

結婚してた時よりも自炊が楽しい

結婚していた時は、夕食を作ることはほとんどありませんでした。仕事から帰ると疲れてあまり作りたくないし、元夫も帰宅が遅かった。常備菜は用意していたのでそれをつまむくらい。 でも、一人で暮らすようになって気に入った器だけを買いそろえたら、その器…

結婚して幸せな人っているの?

飲み屋の店主(独身30代後半)の話で、結婚生活のいいところは? と聞いても、ほとんどの人が「子どもがかわいい」とだけ言い、パートナーに対しては愚痴が圧倒的に多いとのこと。 一体、結婚して幸せになれるのか? と。 私はもちろん幸せに感じたいた時も…

「吉岡徳仁 スペクトル」が美しかった

2013年に東京都現代美術館で行われていた「TOKUJIN YOSHIOKA_Crystallize」を見てから、デザイナーの吉岡徳仁さんが生み出す作品に魅了されました。 2015年には京都の将軍塚青龍殿のガラスの茶室を見にいき、その美しさときたら、なんと言葉で表したらいいの…

餃子は大人数でこそ食べたい

知人の主催する餃子はしごツアーに参加し、15種類近くの餃子を堪能。 Pen (ペン) 『特集 1冊まるごとおいしい餃子。』〈2016年 4/15号〉 [雑誌] 出版社/メーカー: CCCメディアハウス 発売日: 2016/04/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る BRU…

「これ“で”いい」ではなく「これ“が”いい」

先日、知人の占い師さんに言われた言葉。 身の回りに置くものは「これ“で”いい」ではなく「これ“が”いい」ものだけをそろえること。「これ“で”いい」で選ぶと、そのレベルでにしかなれないから。 シンプルだから、贅沢 作者: ドミニック・ローホー,原秋子 出…

ひとり暮らしな日々

ひとり暮らしが始まってちょうど1カ月。ホントにあっという間! 気に入った食器を買ったり、料理や掃除をマメにするようになったりと、日々の生活が楽しい。なんとなく気持ちが落ち込む時もあるけれども。 今はのんびり暮らしを整えています。 タイトルは、…

忘れられない恋はいつ色褪せるのか

昔、想いを寄せていた相手を思い出し、未練がましいけれどもまだ気持ちがあるなぁと気づく夕暮れ。 基本的に別れた相手のことはすっぱり切ってしまうけど、その人だけはなぜかいつまでも忘れられない。実らなかったという悔しさ? もあるのかもしれません。 …

学ぶは真似ぶ

先日のブログで、料理本のレシピを真似ることを書きました。 早速、家にあった材料で肉じゃがを作ることに。厳密には牛肉は予算オーバーだから豚肉、玉ねぎがなかったので長ねぎで代用ですが。 The基本200 (ORANGE PAGE BOOKS) 作者: 小田真規子 出版社/メー…

不定期のスペシャルケアよりも日々のお手入れ

肌や髪の毛と、年齢を重ねるごとに気になることがちらほら出てきます。髪の毛の場合は、抜け毛多すぎるんじゃと不安になることも……。 前からも後ろからもキレイがあふれる 美髪のルール 作者: 寺村優太 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン …

1冊の本を信じて料理を作りきる

自炊はするものの、料理は得意ではありません。基本的にレシピはクックパッドを見て、家にあるもので間に合わせています。自炊しないとお金が厳しくなるというのが大きな理由だからか、料理に対する愛がない。でも、やっぱりおいしいものを作れるようになり…

人と話すと開ける

パラレルキャリアに興味を持ちつつも、じゃあ何をしたらいいのかと考えていました。 パラレルキャリア──新しい働き方を考えるヒント100 作者: ナカムラクニオ 出版社/メーカー: 晶文社 発売日: 2016/06/04 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含む…

不安は準備不足からくる

数日前からどうも気持ちがどんより気味です。何に対して不安を覚えているのか向き合わないとなと思いつつ、なんだか後回し。朝はギリギリまで布団にいたい、夜は深く考えたくない……。なんやかんやと理由をつけてズルズルと逃避。 anan (アンアン) 2017/02/08…

自分で自分をいたわること

気がつくと歯を食いしばってしまい力が入りがち。そんな気持ちを緩めたくて、『町田くんの世界』の最新刊を。 町田くんの世界 4 (マーガレットコミックスDIGITAL) 作者: 安藤ゆき 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2016/12/22 メディア: Kindle版 この商品を…

離婚後の落ち込みの波がきた

天気が曇りと雨でどんよりした空模様だったからか、自分の気持ちもなんだかそれに引っ張られる形に。 相手に好きな人ができて、さらに暴力を受けたショックがじわじわと心を蝕んでいく感じ。ずっと大丈夫、大丈夫と思っていたけど、やっぱり悲しい。 昨日に…

手をつないだり、ぎゅーってしたり

寒いからか人肌恋しく、ほんわかと温かい気持ちになれる相手がいたらいいなぁと思う冬。 しあわせのパン 発売日: 2015/11/15 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る 公開された当時に3回くらい観て、DVDも借りていた『しあわせのパン』。本には…

週1新習慣を意識しよう

ブロガーで作家のはあちゅうさんが、一週間に一つ新しいことをする「週1新習慣」を書いていて、私もこれを実践してみようと思いました。 意識的に取り組もうとしないと、楽な方向にどうしても流されがち。何かで読んだのですが、現状維持を目標にすると下り…

あんなに仲良かったのに離婚だなんて……

離婚したと友人知人らに告げると、いろんな人からこう言われました。そして、今年一番の驚きだとも(2017年は始まったばかりだけど苦笑)。 ただ、もし私が逆の立場でも同じ反応をすると思います。傍目から見たら、すっごく仲良しだったろうなと。 でも、結…

働き方に不安を覚えるのは主体性が足りないからかも

以前、副業(複業)について書いたのですが、わたしの今年の目標の一つが本業以外からも収入を得る道筋をつけることです。 本業と副業の境目はなくなっていくのかも - いま、コレを考えています なぜ今「何かやらないと!」という気持ちになるのだろうと思っ…

人のやることなすこと気になるときは、自分の心に艶がないとき

人のせいにしたり、人の悪口を言ったりする、さらには人の行動が何でもかんでも目について不平不満を言ったりする。 関わる人にそういう方がいて、どうしてそんなにも他人のことが気になるんだろうと思ってしまうことがありました。 でも、自分にもそういう…

遅くまで飲むと、次の日の仕事の効率が下がる

仕事柄、夜は飲みに行くことが多いのですが、連日になると次の日の朝起きるのがすごくつらい……。家と会社が近いとはいえ、それでも睡眠不足感は否めません。私は朝に集中して仕事を行うことが多いため、肝心の朝に頭が働かないと一日無駄にしたような気持ち…

読書中や映画鑑賞中についスマホに手が伸びる

最近、本や映画に集中できなくなった……そう感じています。先日、友人にふとそう漏らしたところ、同じ反応が返ってきました 本を読んでいるのに、ついついスマホでSNSを見てしまう。映画を見ているのに、ついついスマホでネットサーフィンをしてしまう。 これ…

石田衣良さんの『チッチと子』が温かくて胸がじんわり

恋愛小説が苦手なせいか石田衣良さんの作品はあまり読んだことがなかったのですが、今回縁あって1冊の本を手に取ることに。 チッチと子(新潮文庫) 作者: 石田衣良 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2014/02/28 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを…

生きていながらでも生まれ変われる

『キッチン』『哀しい予感』『アムリタ』『もしもし下北沢』など。よしもとばななさんの作品はいくつか読んできました。 生きているのに、なんだかそこにいないような浮遊感。その不思議な感覚にいつも引き寄せられます。 スウィート・ヒアアフター (幻冬舎…

離婚の理由を一言で表すとしたら?

こう聞かれたら、離婚経験者の方はなんて答えるのだろうか。 私は知人に聞かれ、考えた末に「いろいろです」という、答えになっていない返答しかできませんでした。 枝付き干し葡萄とワイングラス (講談社文庫) 作者: 椰月美智子 出版社/メーカー: 講談社 発…

本業と副業の境目はなくなっていくのかも

働き方の変化で昨年から注目度が高まっている副業(複業)。 副業禁止で「会社栄えて国滅びる」。歴史ある企業こそ、人材を社会に解放すべき──ロート製薬 山田邦雄×サイボウズ 青野慶久(サイボウズ式) - BLOGOS(ブロゴス) 副業に関する書籍はこれまでも多…

信号待ちをしながら髭を剃る

はみだす力 (宝島SUGOI文庫) 作者: スプツニ子! 出版社/メーカー: 宝島社 発売日: 2016/06/07 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 現代アーティストのスプツニ子!さんの自叙伝『はみだす力』を読んでいて、「経験にお金を使う」「今いるとこ…

家の中にあるもの、ほとんどいらない疑惑

今日は、朝から引越しに向けて片付けでした。次の家がかなりコンパクトなので、年末に片付けたときは取っておいたものもいらないんじゃ……と思え、どんどん出てくる不要品たち。 結果、残ったのは小さなクローゼットに入りきる分だけになりました。 本当に必…

久しぶりに一日家でのんびり

あいにくの天気ということもあり、今日は一度コーヒーを買いに外へ出ただけで、あとは家でずーっとのんびりしてました。 食べて、祈って、恋をして (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る 「食べて、祈って、恋を…

物件と人との出会い

内見2回目で「こういう家に住みたいなぁ」と思っていた理想の物件と出合えました。日当たりが良く、眺めも抜群。設備も申し分なくて、家に入った瞬間に「私この家住みます!」と宣言しました。申し込みを済ませ、審査の結果待ち。通るといいなー! 吉祥寺だ…

独身になると決めてから、急に高まる美意識

離婚を決めてから、それまでの堕落っぷりが嘘のように美意識が高まりました。これまで重いからと避けていた『美的』を読み、『フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~』のようないわゆる”フランス本”も手に取り……。また…

2017年の目標は前向きに考えて進むこと

あけましておめでとうございます。物事が目まぐるしく流れた2016年を終え、2017年は落ち着きつつも新しいことに挑戦していきたいなと思っています。”新しいこと”ってなんだいって感じなのですが、これはまだ「何かしたい」という気持ちだけがある状態なので…

新生活のスタートは家へのハードルが高くなる

再スタートにふさわしい家はなかなか見つからないという話。