読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま、コレを考えています

日々の生活を本や映画と絡めて

信号待ちをしながら髭を剃る

 

はみだす力 (宝島SUGOI文庫)

はみだす力 (宝島SUGOI文庫)

 

 

現代アーティストのスプツニ子!さんの自叙伝『はみだす力』を読んでいて、「経験にお金を使う」「今いるところが世界のすべてじゃない」など、所々ハッとさせられました。

今日は一日なんだか気持ちがもやもやしていて、読みながら頑張らないと! と心に光が差すものの、でもまた殻に閉じこもる、そんな日でした。

著者の中で、「普通を疑う」ともあったのですが、今朝私が見たのは信号待ちの際にバッグから電動シェーバーを取り出し、髭をそるおじさん。女性の電車内での化粧問題に近いことだなと思いつつ、過去に見たことのない光景に衝撃。

“普通”ってなんなんでしょう……。