読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま、コレを考えています

日々の生活を本や映画と絡めて

暴力を受けた自分が悪いかのように感じる

私は離婚を決めた後、元夫と口論になり、暴力を受けて骨折しました。

客観的にみると明らかに相手に非があるのに、「口論の原因を作ったのは自分にもあるし」「相手を怒らせるほど刺激してしまったし」とどうしても自分が悪いように感じました。

この気持ちは今でもあって、男女問わずいろんな人から「暴力は別問題。どんなに感情的になっても、手を出すのは大人としてやってはいけないことだ」と言われました。

私もそれは頭ではわかっています。でも、どうしてか自分も悪いし……と思ってしまいます。おそらく、今現在暴力を受けている人も同じように感じている人がいるのではないでしょうか。

正直、まだ自分の中でこの状況についてうまく整理がついていないのです。とはいえ、周囲の方から「暴力について、受けた方が悪いと思うことはない」と言われることで「そっか、そう思っていいんだよね」と心の支えになっています。

私は今回、友人知人、そして警察にも相談しました。それにより、引越しまでの間は仮住まいで暮らすことになりましたが、一番感じたのは一人で抱え込んではいけないということ。誰かに話さないと、周りは気づいてはくれません。確かに、これくらいで言ってもいいのかなと不安にも思いました。でも、暴力を受けたという事実に軽い重いということはありません。

だから、もし少しでも夫婦関係で暴力がお互いの中にあるとしたら、早めに周囲の人にSOSを出してほしいと思います。