読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま、コレを考えています

日々の生活を本や映画と絡めて

人のやることなすこと気になるときは、自分の心に艶がないとき

人のせいにしたり、人の悪口を言ったりする、さらには人の行動が何でもかんでも目について不平不満を言ったりする。

関わる人にそういう方がいて、どうしてそんなにも他人のことが気になるんだろうと思ってしまうことがありました。

でも、自分にもそういうときがもちろんあります。あとから考えると、プライベートでパートナーと関係がうまくいっていなかったりして、なんだかイライラして幸せを実感できていないときにそうなりがち。

 

美人をつくる逆転の法則 大人の美容53

美人をつくる逆転の法則 大人の美容53

 

美容ジャーナリストの松本千登世さんの本を手に取りパラパラとめくっていたら、「肌も心も、艶とハリさえあれば、すべてのマイナスが消える」との項目がありました。ある男性タレントが語っていた言葉を引用していたのですが、まさにこれだ! と。

艶とハリというと肌の状態を表すことが多いけど、心にも当てはまる。そして、心がそういう状態なら、肌に表れる。

私の今の肌の状態は……。まずは意識的に心の艶とハリをつくろう。