読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま、コレを考えています

日々の生活を本や映画と絡めて

働き方に不安を覚えるのは主体性が足りないからかも

以前、副業(複業)について書いたのですが、わたしの今年の目標の一つが本業以外からも収入を得る道筋をつけることです。

 本業と副業の境目はなくなっていくのかも - いま、コレを考えています

なぜ今「何かやらないと!」という気持ちになるのだろうと思って、自分の中で思っていた答えは、離婚したことで自分一人で生きていこうという気持ちになり、一つの収入源にすべてを委ねるのはリスクが高いと感じたからです。

でも、今日この本を読んでいて、自分の気持ちを代弁してくれているかのような一文がありました。

 

パラレルキャリアを始めよう!

パラレルキャリアを始めよう!

 

 

ところが、このままでいいのだろうかと思いはじめたのが、入社6年目である。気がついてみると、ひととおり技術者としての専門性、会社の仕組みが理解でき、新しいことに挑戦しているというより、(中身は違っても)同じ種類の仕事を回しているという感覚に陥ってしまったのである。

まさにこれだ!と。私も今の会社で5年目。担当する案件は違えど、やっていることはいつも同じ……。

本の中にもあるのですが、「請け仕事」だからこそ思ってしまうんですよね。

仕事に対して主体性が全くないわけではないけれど、クライアントワークなので相手の求めることにいかにすり合わせるかが重要。そういう仕事も好きだしやりがいはあるけど、自分からアクションを起こして何かに取り組めていないから、このままでいいのかと不安を覚える。

1月も今日で終わり。プライベートで慌ただしい1カ月だったのもあり、いろいろと先延ばしにしてしまいました。だんだんと生活も整ってきたので今までぼんやりとこうしたいと思ってきたことに対して、具体的な行動計画を立てようと思います。