読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま、コレを考えています

日々の生活を本や映画と絡めて

自分で自分をいたわること

気がつくと歯を食いしばってしまい力が入りがち。そんな気持ちを緩めたくて、『町田くんの世界』の最新刊を。

 

 主人公は高校生の町田くん。物静かで誰にでも優しく、ちょっと感覚がズレてるけど大事なところは外さない。そして、人からの愛され力が高くて老若男女問わずに好かれる。

彼に好意を寄せる猪原さんの気持ちについに気づいたけれど、スローペース。家族関係に難ある猪原さんに対して町田くんが言った言葉が染み入る。

家族にだって

何も保証のないことを

君は知っているはずなのに

それでも

口をついて出てしまうほどに

形のない何かが欲しくて

不安なら

孤独なら

俺は

 

俺にできることなら猪原さんに何でもしたいって思うよ

でも

俺にできないこともたくさんあるから

そう言ってくれる存在がいるだけで、安心できて自信になりますよね。

もし今そういう人がいないなら、身近な存在は自分自身。自分で自分を信じて気持ちを大事にしてあげると、ほかの人にも向けられますよね。とはいえ、それが難しいんですけどね……。