読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま、コレを考えています

日々の生活を本や映画と絡めて

結婚して幸せな人っているの?

離婚

飲み屋の店主(独身30代後半)の話で、結婚生活のいいところは? と聞いても、ほとんどの人が「子どもがかわいい」とだけ言い、パートナーに対しては愚痴が圧倒的に多いとのこと。

一体、結婚して幸せになれるのか? と。

私はもちろん幸せに感じたいた時もあったけど、昨年一年間の生活がつらかったことで「結婚の良さってなんだったの?」と、すべてマイナスに塗り替えられた感じがあります。

「夫婦 病む」みたいに検索すると、タイトルだけで暗くなるような書籍がちらほらと……。

 

みんな「夫婦」で病んでいる

みんな「夫婦」で病んでいる

 

 

「夫婦」という幻想-なぜ、結局いがみあってしまうのか (祥伝社新書172)

「夫婦」という幻想-なぜ、結局いがみあってしまうのか (祥伝社新書172)

 

 

夫婦という病:夫を愛せない妻たち

夫婦という病:夫を愛せない妻たち

 

夫婦関係の難しさは、結婚すると一心同体、お互い言わなくてもわかるっていう考えが前提になることが招いているような気もします。別の生物だから、一つひとつ対話を重ねていかないとねという気持ちでいないと、一緒にいることは困難を極めるのかも。