いま、コレを考えています

日々の生活を本や映画と絡めて

橘田龍馬さんのM(マニュアル)モードで写真を撮る講座を受けてみた

仕事で撮影をする機会が少なくないのですが、いつも使うのはオートモード。マニュアルは本を読んで挑戦しようと思ったものの、絞りとシャッタースピードの関係が理解できずに挫折していました。

でも、せっかく撮るなら自分も満足のいく一枚が撮りたいと思い、ストリートアカデミー 橘田龍馬さんの講座を受けました。受けたのは、『誰でも2時間でM(マニュアル)モードで写真が撮れるようになる!』

実は、昨日受けた『1日で簡単に写真写りが良くなる』写真の撮られ方教室(女性限定)は、マニュアルで上手に撮れるようになりたいなと思っていたときたまたま見つけた講座だったのです。2日間で自分の気になっていることを解決できるならと、2日連続の参加となりました。

講座は2時間で、最初はマニュアルモードの基本的な考え方を教えてもらい、その後実践へ。

「写真は光で決まる」という教えのもと、マニュアルモードでは必ず次の3つを意識することを学びました。どれも知っている方には当たり前のことですが(苦笑)。

  1. ISO感度(場所や時間に応じて、一番初めに決める
  2. 絞りを調整
  3. シャッタースピードを調整

以前、独学で挑戦したときは絞りとシャッタースピードでつまずいたのですが、実際にモノを見ながらわかりやすく解説してもらえ、頭にスッと入ってきました。

実践ではメモを見ずに、教わったことを思い出したり、再度聞いたりしてマニュアルモードで撮影するのですが、驚くほどできるようになってびっくり! こういう光の加減で撮影した方んだよ~と思っていたことが、自分で設定を変えることでどんどん表現できるようになりました。

f:id:hrknz:20170305182809j:plain

上の写真は、何枚かあるお気に入りのうちの1枚。カーテンの質感と、朝っぽい光の様子が表れるように調整しました。

設定をするのに時間がかかるので、あとは練習して慣れるのみです!

橘田さんは本も出されているみたいなので、こっちを読んでみるのもいいかもしれないですね。

ともかくカッコイイ写真が撮りたい!

ともかくカッコイイ写真が撮りたい!