読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま、コレを考えています

日々の生活を本や映画と絡めて

“素敵な器は、ご飯の時間を幸せにしてくれる”

子どもの頃から散歩が好きで、時間があらば大体外へふらふらと出かけていました。

今もいい天気の休日だと、一日家にいるのがもったいなくて、3〜4時間くらいは平気でわしわし歩いています。

みちくさ

みちくさ

 
みちくさ 3

みちくさ 3

 
みちくさ 2

みちくさ 2

 

昔好きだったファッション雑誌『PS』で、モデルの菊池亜希子さんが連載していた「道草」。

ゆるーい絵と肩肘張らない文章に、もう何年も前の本なのに今でも手にとって眺めています。

なんてことないそこらへんの道が、菊池亜希子さんの目線に立ってみるといろんな発見があって、アンテナをどれだけ張っているかなんだなと思います。

最近、気に入った食器だけを家に置こうと器巡りをするようになりました。タイトルの言葉は、1冊目の益子編で書かれていたもの。この言葉に、今さらながら共感しています。

f:id:hrknz:20170309200512j:image

写真の器は、イイホシユミコさんの作品。中華おこわとサラダというヘンテコな組み合わせなのに、器が素敵なだけで、おいしく思える不思議。