いま、コレを考えています

日々の生活を本や映画と絡めて

素人が手を出してもいいハイリスク&ハイリターンの投資はあるの?

資産運用に対する意識が高まり、具体的に今ある資産をどう分配するのがいいのか、竹川美奈子さんの著書以外も読んで参考にしようと思いました。

 さまざまな経済雑誌でお金との付き合い方を指南している山崎元さんの著書。この本ではお金の素人である大橋弘祐さんが「一体どうしたらお金を増やせるのか」を山崎さんに質問する形式で進んでいきます。山崎さんと大橋さんのやりとりが読んでいてなんとも面白く、難しく感じる資産運用の内容がスッと頭に入ってきます。

山崎さんがおすすめする金融商品は以下の3つ。
■比較的安全にお金を持つなら
・個人向け国債 変動10年型

■ちょっとリスクを取って運用するなら
いずれも投資信託
・上場インデックスファンドTOPIX
・ニッセイ外国株式インデックスファンド

投資信託を選ぶ基準は、「インデックスファンドであること」「手数料が安いこと」「毎月分配型を選ばないこと」。基本的には、竹川美奈子さんの著書で言われていることと同じだったので、素人が選ぶならこうした視点で選べば良さそうです。

ちなみに、本書を読んでいて面白かったのが、「素人が手を出してもいいハイリスク&ハイリターンな商品はなにか」ということ。たしかに、堅実に運用したいと思う一方で、夢を見たくなることも……。

これに対する山崎さんの答えは、「投資額を増やす」もしくは「新興国のインデックスファンド」でした。ハイリスク&ハイリターンの運用は「賭け」ではないし、リスクに対して期待できるリターンの効率がいいものを選ぶとなると、投資信託になり、ここでもインデックスファンドになるとのこと。

資産配分の考え方も載っていたので、それをもとに自分はそれぞれにいくらにするのかを考えようと思います。