読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま、コレを考えています

日々の生活を本や映画と絡めて

あたしは冴島翠みたいになりたい

高校生くらいの頃に初めて読んで、今も時おり読み返す『天使なんかじゃない』。

翠ちゃんの表情豊かな様子や、気持ちをきちんと伝える様子に、自分にはないものもを持っている人への憧れをすごく感じます。

私はどちらかといえばマミリンだろうし、彼女のこの言葉は染みる……。

あたしは 冴島翠みたいになりたい

うれしい時はちゃんと喜んで 悲しい時はちゃんと泣けるような
そんな当たり前のことが みんな意外と出来なかったりするのよ

あんたが
みんなに好かれる理由がわかるわ

感情をいい意味できちんと表して相手に伝えるのって本当に大切だと思って、何も言わない、表現しないのに相手に察してくれというのは、そうされたら困っちゃいますよね。

先日お会いした結婚関係のカウンセラーの方が、女性に大切なのは愛嬌だとおっしゃっていました。男性はどんなにパートナーが美人でも数年経てば浮気や不倫に走るもの。それはなぜかというと、長く一緒にいると女性のかわいげがなくなり(顔がかわいいとかではなく)、ほかに癒しを求めてしまうのだとか。

そう言われて、ズシリと心に……。私、なかったよなぁと。

天ないでも、マミリンもマミリンでもちろん素敵だけど、翠ちゃんの一緒にいるだけで幸せになれそうな雰囲気にはやっぱり魅力を感じる。

私もそういう女性でありたい。