読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま、コレを考えています

日々の生活を本や映画と絡めて

生理周期の影響でダメ男を引く確率高すぎじゃ

本屋で物色していたら、たまたま目にとまり興味を引かれたのがこの一冊。

 

サイコパス (文春新書)

サイコパス (文春新書)

 

脳科学者の中野信子さんの著書は何度か拝読していたのですが、サイコパスの著書まであったとは。

サイコパスとは、本の中では次のように説明されています。

もともとサイコパスとは、連続殺人犯などの反社会的な人格を説明するために開発された診断上の概念であり、日本語では「精神病質」と訳されてきました。

サイコパスというと、凶悪な殺人犯のイメージがつきまといますが、全員が全員そういうわけではなく、大企業のCEOや弁護士など、大胆な決断をする職業の人にも多く見受けられるのだとか。

著書の中では、サイコパスについて心理的特徴や身体的特徴、脳は一体どうなっているのか、そしてなぜサイコパスが私たちの中で淘汰されずに一定数いるのかなどが研究結果を元に一つひとつ丁寧に紐解かれています。

なかでも興味深かったのが、第4章「サイコパスと進化」の「女性の生理周期が『ダメ男』を引く」の部分。モテる男性には「子育てに協力的に見えるタイプ」と「強そうに見えるタイプ」の2タイプがいて、後者はサイコパス傾向の高い男性といえるそう。で、もし結婚を考えて安泰に行こうと思うなら前者を選ぶ方が合理的ともいえるのですが、女性はダメ男に引き寄せられやすい時期があるのだとか。それが、

排卵期の前後3日ほどと、生理前の1週間

なのだとか。そうなると、結構な日数をダメ男に引き寄せられることともいえるのでは… 。

そして、自分の過去を振り返ると、生理前に確かに「なぜそうなる」ということもあったなぁと。

となると、いい男性と出会うなら、生理直後がいいってことなの?と、本筋とは関係ないところで興味を覚えた一冊でした。