いま、コレを考えています

日々の生活を本や映画と絡めて

好き同士が結婚し、好きでい続けることの難しさ

先日、友人に頼まれ、友人の友人のプレゼント用によく行くお店の商品を代わりに購入して渡しました。いつも行く店で労力はかからないので、「いいよ〜」と気軽に引き受けたのですが、後日そのプレゼント相手はその友人の夫の恋人だと言われ、びっくり……。え!?と。そして、そのとき話題になったのが渡辺ペコの『1122』。

 

1122(1) (モーニングコミックス)
 

妻・相原一子。夫・相原二也。結婚7年目の仲良し夫婦。セックスレス。子供なし。そんな二人が選択したのは「婚外恋愛許可制(公認不倫)」。おとやには、いちこも公認の“恋人”美月がいる。美月との恋に夢中になり始めるおとやを見て、いちこにも変化が……。『にこたま』の渡辺ペコが描く最新作は、結婚の嘘と真実。結婚したい人もしたくない人も――「結婚」を考えるすべての人に届けたい、30代夫婦のリアル・ライフ!

出典:amazon

 

この結婚7年目で仲良しの夫婦で、レスというのがまず自分の夫婦生活を思い出して「うっ……」と思いました。私たちの場合はレスになったきっかけは私が求めたけど向こうの拒否が続いて〜というカタチだったのですが、この断られ方で心がぽきっとなる様子とか……(マンガでは、夫が妻に拒否られてそこからレスに)。

表面上は仲良しで、嫌いなわけじゃないし愛おしさを感じているけれども、でも別の人と恋愛をする。私は相手に好きな人ができたとき、さすがに受け入れられなかったな……と読みながらため息をついてしまいました。

その後、そもそも結婚ってなんでこじれるのだろうと思って手に取ったのが、森川友義さんの『なぜ、結婚はうまくいかないのか?』

 

 

本著では、結婚がうまくいかない理由、離婚しない理由、結婚生活を向上させる解決策の3つの柱で構成しています。

面白いなと感じたのが、結婚がうまくいかないのは初めてしたからという部分。そもそも、人生で初めてやっていきなり成功することってなく、失敗や練習を繰り返して成功していくもの。なので、初めて結婚した相手がいきなりアタリとは限らない〜という部分。

言われてみれば、今回離婚という経験があるから改めて自分の結婚生活を振り返って、「ああいうのはよくなかったな」とか「あのとき、こういう風に伝えた方がよかったかも」というように、反省し、次に生かそうと思えました。本来は結婚しているときにそうできればよかったのでしょうが、そのときはできなかったんですよね……。

ほかにも、離婚しない理由として、付き合った経験が少ないと「損切り」=相手を振ることに慣れていなくて、離婚を切り出せないなど、データや研究結果に基づいて、「結婚生活がうまくいかない理由」を解き明かしています。

森川友義さんは、ほかにも『大人の「不倫学」』や『結婚しないの?できないの? 森川教授の結婚力養成講座』、『結婚は4人目以降で決めよ 恋愛と結婚と浮気の政治経済学』など、恋愛学の第一人者としてさまざまな著書があります。似たような内容も多くありますが、読んでみると「わかる!」と共感できる部分が多いので、恋愛や結婚生活に悩んでいる人は一度手に取ってみるのがよいかもしれません。