いま、コレを考えています

日々の生活を本や映画と絡めて

夫婦の会話が疲れるのはなぜ?

まだ結婚していたころ、だんだんと夫との会話が疲れると感じるようになりました。私はなんとなく共感がほしくて話していただけなのに、論理的なアドバイス(しかもちょっとずれている)によって、「そういうのが聞きたいんじゃないのに……」と、なんだかお互いイライラしてしまって。

当時はわからなかったけど、今なら男女の違いだから、話を聞いてほしいだけなら、最初にそう伝えた方がよかったんだなと思います。

たまたま今日目にしたのが以下の記事。

toyokeizai.net

このなかでも触れられているのですが、人の会話には2種類あって、男性が得意とする結論から先にいうパターンと、女性が得意とするプロセスを重視するパターンがあるんですよね。

なので、記事のなかでも触れられているのですが、自分が求めていることがどちらなのかを踏まえた上で、「アドバイスがほしい」のか「ただ聞いてほしい」のかを事前にいうとお互いのミスマッチを防げるんですよね。

こう考えると、男女の関係って違うところが多いし、いくら仲良くても違うものという認識が必要なんだなと思います。

興味を覚えて夫婦の会話について調べ始め、以下の書籍も参考になりました。

 

読むだけで「いい夫婦」になる本 (講談社文庫)

読むだけで「いい夫婦」になる本 (講談社文庫)