いま、コレを考えています

日々の生活を本や映画と絡めて

相手に不都合なことは先に伝えた方が受け入れられやすい

どうしてもこれだけはこうしてほしい……。付き合っていると、ときおり相手に伝えたいけど伝えていいものか迷うことってありませんか?

そんなことをポツリと仲良しの店主に話したら、「不都合なことは先に伝えた方がいいんだよ」というアドバイスが。

たとえば飲食店に行ったとき、最初に「2時間制なのでこのお席は○時までなんです」と言われるのと、会話が盛り上がっているときに「すみません、混雑時は2時間制でお会計をお願いします」と後から言われるのだったら、同じお店で同じ時間を過ごすにしても、前者の方が受け入れられやすく感じます。

といっても、あまり後者のお店はないような気がしますが……。

こんな風に、相手にとって不都合なことは先に伝えた方が、相手も納得してそれを選んでいるので、印象が良く映るそうです。

人間関係でも同じで、付き合ってみてここだけはこうしてほしいということがあれば、遠慮して我慢を積み重なるよりも、最初に伝えてしまった方がお互い納得しやすいですよね。

実際、私は最初に伝えなかった小さな不満がどんどん積み重なり、離婚にいたったというのもあります。

取り返しの付かなくなるくらいになる前に、小さなうちに相手にそっと伝える。大切な人と長く関係を続ける上で、些細なことだけど重要なことだよねと、話していた一日でした。

伝え方といえば、参考にしたのはこの本。数年前のベストセラー。伝えることって、何気なくしてるけど、意外と技術が必要なんだと気付かされます。

 

伝え方が9割 【「伝え方が9割 2」試読版付き】

伝え方が9割 【「伝え方が9割 2」試読版付き】