いま、コレを考えています

日々の生活を本や映画と絡めて

「深海 2017」で混んでるのは前半の深海生物のエリア

f:id:hrknz:20170909053450j:image

金曜の夜間開館を利用して、ようやく上野の国立科学博物館で行われている「深海 2017」へ行ってきました。

深海2017-DEEP OCEAN-

上野駅構内でチケットを買い、その時の表示は入場まで0分待ち。実際現地もチケットの購入にはならんでいませんでした。でも、公式ツイッターでは中は混雑とのこと。

入場してみると、金曜の夜でも混み合ってました。

f:id:hrknz:20170909053508j:image

f:id:hrknz:20170909053531j:image

f:id:hrknz:20170909053513j:image

目を引くのは、深海の巨大生物。この前のパートには発光生物についての展示でした。

とにかく人が多いのは、一番最初の発光生物と巨大生物のエリア!

それを過ぎると、地震と深海、深海の天然資源などの説明になるのですが、このあたりは人がまばらでした。正直、「あ、もう終わりか」という感覚も。生物がもっとゆっくり見れると充実感がもっと増すかなぁという印象でした。

普段は知ることのできない深海の世界を垣間見れるのはおすすめ。10/1までなので、会期終了まで1カ月を切っているので、まだの方はお早めに。